大阪で大人気の体操で、教室の開催時には長い行列を作るのが、寝ながら体をゆらゆら揺らすだけで、歪みや痛み、ストレスまでもが改善されるという、森明彦さんが開発したゆらぎ体操

5月13日(金)に放送する『沸騰ワード10』で、ゆらぎ体操が紹介されるということで、森さんの経歴や、ゆらぎ体操とはどんな体操なのか、また、教室の開催場所や料金、評判について調べてみました。

それではチェックしていきましょう!

目次(この記事であなたにお伝えしたいこと)

  1. 森明彦の経歴(プロフィール):P1
  2. 森明彦が考案したゆらぎ体操は肩こりや腰痛に効く?評判は?:P1
  3. 森明彦が開催するゆらぎ体操教室の場所や料金は?:P2
  4. 番組概要:P2
  5. おわりに(まとめ):P2

森明彦の経歴(プロフィール)

akihikomoripro
出典:オフィシャルサイト
森 明彦(もり あきひこ)
生年月日 昭和?年?月?日
年齢 ?歳
出身 大阪府
学歴 関西学院大学卒業
日本ゆらぎ体操セラピー協会会長
ゆらぎ体操&整体 開発者

子供のころは体が弱く、通院していたという森さん。なかなか良くならない体調に、自分で治すことを決意し、通院や薬を飲むことを止め、東洋医学やヨガ、食事療法など、自ら試行錯誤を繰り返し、研究をします。

そのとき、ヨーガ革命という1冊の本と出会い。「病気に感謝しなさい。異常な状態を本来の自然な状態に戻そうとする生命の働き(自然治癒力)の現れ、それが病気である。」ということを知り、それまでの「病気は悪いもの」という考え方を改めました。

そして、日ごろ感謝の気持ちを持ちながら、ヨガや食事療法を繰り返すうちに、2~3年で体調がよくなってきたんだそうです。

これら、20年以上の研究の集大成として開発したのが、ゆらぎ体操です。

 

森明彦が考案したゆらぎ体操は肩こりや腰痛に効く?評判は?

森さんが自らの体調不良によって開発したゆらぎ体操は、ストレッチや筋トレのようにグイグイ動くのではなく、寝たままで体をゆするだけで肩や背中、首のコリや痛みが改善される体操だということです。

この体操では、体の要である骨盤のゆがみを正しい位置に戻すことがポイントとなります。


出典:ゆらぎ体操セラピー

寝ながらゆすっているだけで良くなるというのは本当ですか?と思ってしまいますが、これがかなりの人気で開催日には会場前に長い行列ができるほどです。

強度が低い運動なので、80代の人もやっているくらい誰でも取り組めるたいそうです。

実際の教室では、気持ちよくなって眠たくなったら寝てしまっていいということです。

こんな感じの体操です。自宅でも手軽にできますね。


出典:ゆらぎ体操セラピー


出典:ゆらぎ体操セラピー

ゆらぎ体操は一度体験すると、そのお手軽さと気持ちよさから継続して通っている方が多く、評判はすこぶるいいようです。

ゆらぎ体操は骨盤の位置が正しくなったり、筋肉がほぐれて血流がよくなったりと、体に良い効果があることに加えて、寝てゆするだけという簡単な体操であるため、継続して通えているのも、効果が出ている要因なのかなと思いました。体操に通っている方の感想がありましたので貼っておきます。

「ゆらぎ体操」に参加して、3年近くになります。
気がつくと、風邪もほとんど引かなくなり、肩こりも楽になり、ずい分体調がよくなりました。

引用元:オフィシャルサイト

 

始めは腰痛、肩こり、膝の痛みがひどかったのですが御陰様で腰痛、肩こりはとても楽になりました。膝の痛みはなかなか直らず、相変わらず長座で失礼しています。
なんとか膝も良くなる様に続けてがんばって行きたいと思います。
引用元:オフィシャルサイト

 

五十肩(実年齢は67歳)で長年治療していましたが、改善されず、この教室に参加して、早や2年過ぎになりますが、すっかり改善され80~90%まで回復しましたので喜んでいます。
引用元:オフィシャルサイト

首から肩、背中の筋肉をほぐし、骨盤のゆがみを修正するということから、体操を続けている方には肩こりや腰痛が和らいだという方がいますね。当然個人差はあるかと思います。

就寝時に自然とおこなわれる寝返りも、身体の歪みを修正する行動だということですから、ゆらぎ体操も似たようなメカニズムなのかもしれません。

また、スポーツ選手や美容や健康に気を遣う人はストレッチポールで同じように身体の歪みを修正したりバランス感覚を養っています。個人で購入したりジムなどにも置いてあります。これもゆらぎ体操のようにストレッチポールの上に仰向け寝て、身体をゆすったり手足をぶらぶらしたりという簡単な運動です。

ストレッチポール LPN正規品 ストレッチポールEX正規品 ネイビーブルー マニュアルDVD付き【送料無料】【smtb-k】【ky】

価格:9,180円
(2018/2/5 19:38時点)
感想(1640件)

これらのことから、頸椎や背骨、骨盤をゆらゆらさせることで正しい位置に骨がもどると血行が良くなったり体の機能が復元され体調も良くなるということなのかもしれませんね。

僕は肩甲骨と股関節が大事だと考えていて、朝に肩甲骨周りをストレッチするため、肩をぐるぐると回しています。また、顔の前で両手の甲と肘くらいまでをくっつけて(これもできない方も多いです)その状態をキープしつつゆっくりと上へ上げてゆっくり元の位置へ戻すという運動をやっています。

また、股関節はイチロー選手がバッターボックスに入るときにやっている大きく足を開いて腰を落とし、両手は左右それぞれの膝に置き、体を捻じるという運動と同じような動きに加え、足を開き腰を落とした状態から、相撲の立ち会いまえのように両肘を床にゆっくり付けるという運動をしています。

肩甲骨も股関節の運動もほぐしている部分を意識してストレッチを行うと効果が高まります。とても気持ちがいいですよ。

もう一つ加えるなら、やはりスクワットです。太ももやふくらはぎに筋肉を付ける目的で行います。僕は相撲のように肩幅より大きく(さっきの股関節ストレッチのように大きく)脚を開いて行います。ふくらはぎはカーフレイズが効果的です。下半身に筋肉が付くことで冷え性も改善しますし、下半身に送られた血液を心臓に戻すポンプの役割もあり、さらに、太ももは体の中でも大きな筋肉なので代謝も良くなるという良いこと尽くめだからです。スクワットでなくても自宅や散歩がてら近所の階段をゆっくり上り下りするのも効果的だと思ういます。散歩だけでは負荷が足りないと思います。どのような運動でも意識して「効かす」ことが大切になります。

次のページを読む ゆらぎ体操の教室の開催場所や料金、評判は