「今年の初夢、どんな夢だった?」
「あれ~、そういえば何だったかな?そもそも夢見たかなぁ。」
なんて会話、毎年のようにどこかでしていませんか?

そもそもいつ見る夢が初夢となんでしょう?
僕は大晦日に寝て、元旦に起きる。その間に見る夢だと思っていました。

また、夢の内容に出てくると良いとされる縁起物が、 一富士、二鷹、三茄子と言いますけど、あれって何で良いとされているんでしょうかね。
その辺のところを調べてみました。
それではチェックしていきましょう!

スポンサーリンク

大晦日から元旦かけて見る夢じゃないの?

初夢という風習は、中国からの伝来ということです。
現在わかっているところでは、鎌倉時代に西行法師が綴った『山家集』での記述が、初夢について書かれた初の記録だということです。
どう書かれているのかと言うと、節分から立春にかけて見る夢と記されています。

江戸時代の文献では次の3つが挙げられているようです。

○大晦日から元旦にかけて見る夢
○元旦から2日にかけて見る夢
○2日から3日にかけて見る夢

時代の流れとともに変遷があったとのことです。
人々の生活スタイルによって変わってきたんでしょうね。

ということで、いろいろ言われてる初夢ですから、あまり難しく考えないで、その年に初めて見た夢ということでOKではないでしょうか。

夢、忘れちゃう人もいますしね。
「いやぁ、ぐっすり寝るから夢って見ないんだよねぇ」って言ってる人、
本当は元旦に見ているかもしれませんよね。
ということは、朝起きて夢を覚えてた時が初夢ってことかもしれませんね。笑
そういうことにしておきましょう!

Aちゃん「私の初夢、今年は1月11日だったなぁ、〇〇はいつ?」
Bくん「お、ワンワンワンじゃん。」
Aちゃん「え?なにそれ」
Bくん「いやいや、俺はもう夜ぐっすりだから、
7月7日、七夕だよ~。あぁ、ロマンチック~」
Aちゃん「・・・・・」

一富士、二鷹、三茄子の続きがあるのか?調べた結果は次のページで