ストリートライブで培った実力

地元の駅前にある地下道で行われていたストリートライブを見に行っているだけだったという森さんですが、「やってみたら?」の誘いに中学3年が終わる春頃から歌い始めたという。

当時は学校が終わってからの3時間くらいを使って歌っていたということです。

路上でのパフォーマンスですから、時には酔っ払いやマナーのよろしくない方もいたようですが、何があっても演奏は止めなかったそうです。

たまに酔っ払いのサラリーマンが何人かで来て、私の前でふざけたりすることもあるんですけど、私、そういう時でも演奏を止めないから、そのうち「あ、この子は真面目に歌っているんだな」ということが分かって諦めるみたいです。あとはファンの方や聞いてくださっている方たちが注意してくれたりもしますね。

引用元:Deview インタビュー「森 恵」

寒い日にブランケットをプレゼントされたりなど、人のやさしさに触れたこともあったようです。

また、様々な土地でストリートライブを行っている森さんですが、多くの場所でストリートライブが禁止されていることに、謙虚な気持ちを胸にしながら活動していたようです。

豊かな表現力と圧倒的な声量の礎は、このストリートで日々歌い、人々に届けることによって培われたのでしょうね。

興味を引くものがあって、まず、いろいろ考えて行動できない人が多いんじゃないでしょうか。一歩踏み出してもなかなか続かないですよね。やり続けることって本当に難しいです。

ストリートライブをやっている人は経験があると思いますが、森さんも観客ゼロってことがあったようで、何で立ち止まってくれないんだろうとか、その土地でウケが良い楽曲などもあると分析しています。

 

抜群の歌唱力

オリジナル曲『キミ』の弾き語りです。
メジャーデビュー曲ですね。

出典:MegumiMori 

 

弾き語りでのカバー曲『WOMAN』です。

出典:MegumiMori 

2本とも弾き語りの動画でしたが、YouTubeのオフィシャルチャンネルにはPVなどもありますのでチェックしてみてください。
いずれも素晴らしい歌声です。

 

日本人初!ギルド・ギターズと契約

megumimori-guild

2013年9月に、ギルド・ギターズとのエンドースメント契約を締結しました。日本でも同社のギターを使用しているアーティストはいるものの、同契約は日本人初です。

森さんのシンガーソングライターとしての実力が高く評価され、認められたということでしょう。

ギルド(GUILD)は米国のギターメーカー。ポール・サイモンやブライアン・メイなど才能豊かなアーティスト達がサポートを受けてきており、多くのファンに愛されている。(ギルドサポートアーティスト)

森さんの使用するモデルは、ギルドを代表する名機D-55とF130。

森さんのコメント

「この度、ギルド・ギターズさんとのエンドースメント契約のお話を頂いた時は、ビックリしたのと嬉しさで夢のような感じでした。私にとってアコースティックギターは、音楽を紡ぎ出す為に、必ずそばに有る存在なんです。それもギルドのように個性的なサウンドがより一層私の創作活動のイマジネーションを高めてくれるので、ステージやスタジオで演奏していても気持ちいいんです。今回の事を切っ掛けにより一層音楽活動に磨きをかけて行きたいと思います。」

引用元:JAPAN MUSIC NETWORK

 

番組概要

タイトル THEカラオケ★バトルSP【2015最終王者決定戦】
放送日 2015年12月23日(水)20時14分~21時00分
制作 テレビ東京

 

おわりに(まとめ)

ずっと聴いていても飽きない、素晴らしく魅力的な歌声と安定した演奏テクニックの森さん。

オリジナル曲はもちろん良いですが、カバー曲を歌っていても、まるで森さんの楽曲のように聞こえてしまうほどの実力ですので、一度でも聴くとファンになります。もはやこれは中毒レベルです。

こんなに笑顔の可愛い森さんが自分の横で歌ってくれたら…
「最高だなぁ♡」
YouTubeを見まくりながら、一緒に歌って妄想してしまう訳です!

調べたところでは結婚はしていないようです。
彼氏は…
ん~どうでしょうねぇ。これだけ素敵な女性ですからね!

番組で歌声を聴けるが楽しみでもはありますが、
ライブなど、これからの活動も要チェックです!