2013年にソロデビューし、ドラマ主題歌を歌うなどで注目を集めており、2月3日にセカンドアルバム『PRISM』をリリースした安田レイさん。

2月6日(土)に放送する『バズリズム』に出演しますので、安田さんの経歴などについて調べてみました。
それではチェックしていきましょう!

スポンサーリンク

安田レイの経歴(プロフィール)

reiyasudapro

出典:instagram
安田 レイ(やすだ れい)
平成5年4月15日生まれ
アメリカ・ノースカロライナ州出身
趣味 アクセサリー作り
所属事務所 テンカラット
所属レーベル SME records
サウンドプロデュース 玉井健二(アゲハスプリングス)

お父さんがアメリカ人、お母さんが日本人ハーフで、日本語と英語を操るバイリンガルです。

3歳の時に日本へ渡り、小学校6年生まではアメリカンスクールに通っていたということです。

10歳の頃にお母さんが聞いていた宇多田ヒカルさんの歌に影響を受けて、歌手を目指します。

ローズ・レイチェル名義でモデルとして活動を始めたのをきっかけとして、小学校6年生の時に知人の紹介でオーディションを受け、元気ロケッツのメンバーとなりました。

2013年7月に安田レイ名義で『Best of my Love』をリリースし、ソロデビューしました。

2014年には、『東京ガールズコレクション2014S/S』や『仙台コレクション2014』に出演し、仙台コレクションでは、メインキャラクターとテーマソングを担いました。

 

元気ロケッツではローズ・レイチェル名義で活動

架空のボーカル『Lumi』の声を担当しました。この声については安田さんの声だけではなく、声優や歌手として活動する宮原鳴海さんの声と合成加工して作られた特殊なものでした。自らが表立って歌うわけではないので、レコーディングやライブ会場での映像パフォーマンスが中心の活動となります。

安田さんは生身の自分として歌いたい思いがあったと言いますが、当然そう思うと思います。しかし、歌が歌えていたことで、以外にも大きなストレスとはならなかったようです。ミュージックビデオなどでは安田さんがモデルとして出演しています。

ニューアルバムとツアー情報、彼氏の情報については次のページで