2016年4月23日(土)に公開を予定しているディズニーの最新作『ズートピア』で、テーマソングである、『トライ・エヴリシング』の日本版を、Dream、E-girlのメンバーとしても活躍しているDream Amiさんが歌うことが決定しました。また、主題歌の他に今作品に登場するガゼル役の声優も務めることが決定しています。

ディズニーの大ファンというDream Amiさんの経歴や、ズートピア、2月24日に解禁となった日本版の主題歌などについて調べてみました。
それではチェックしていきましょう!

スポンサーリンク

Dream Amiの経歴(プロフィール)

dream amipro

出典:オフィシャルサイト

 

Dream Ami(どりーむあみ)
昭和63年5月11日生まれ
血液型 B型
身長 164㎝
大阪府箕面市出身
所属事務所 LDH

2002年、Dreamに加入しました。ユニット内での最年少者です。

2011年、Dreamで活動をしながら、E-girlsにも加入をしています。

2015年、ソロデビューをしました。ソロ名義はユニットで使用しているAmiではなく、Dream Ami名義を使用しています。

トレードマークとなっている金髪は、行きつけの美容室の担当スタイリストが不在の時に、お任せでお願いし、寝て起きたら金髪になっていたということで、なぜかそれ以来続けているということです。

 

ズートピアはどんな物語?

disney1

動物たちの“楽園”ズートピアで、ウサギとして初の警察官になったジュディ。でも、ひとつだけ問題が…。警察官になるのは通常、クマやカバのように大きくてタフな動物たちで、小さく可愛らしすぎる彼女は半人前扱いなのだ。だが、ついにジュディも捜査に参加するチャンスが!ただし、与えられた時間はたった48時間。失敗したらクビで、彼女の夢も消えてしまう…。頼みの綱は、事件の手がかりを握るサギ師のキツネ、ニックだけ。最も相棒にふさわしくない二人は、互いにダマしダマされながら、ある行方不明事件の捜査を開始。だが、その事件の背後にはズートピアを狙う陰謀が隠されていた…。
引用元:Disney

動物たちが暮らす大都会、ズートピアで繰り広げられる物語で、どんな逆境にあっても、自分の夢に向かって一歩でもしっかりと行動して前に進む。あきらめずにポジティブな心でチャレンジングな生き方をしている、ウサギの警察官であるジュディのひたむきな姿に、心を動かされるキツネの詐欺師ニック。ジュディの相棒となり、様々な試練を乗り越えていくようです。
勇気や感動、この作品から得られるものが大きそうですね。

出典:ディズニー公式YouTubeチャンネル 

ウサギの警察官、ジュディーの声は上戸彩さんのように聞こえますね。2014年に公開されたディズニー作品『マレフィセント』ではオーロラ姫の声を担当した実績があります。

 

作品関連グッツはタカラトミーが販売

2016年2月12日に、全世界30の国と地域で販売するズートピアの関連玩具のすべての商品化権を取得したことが発表されています。
フィギュアやぬいぐるみ、ミニカーなど、15種類が販売される予定だということで、商品公開は3月になるようです。
人気になりそうですね。

Dream Amiが歌う日本版主題歌と、シャキーラが歌うオリジナル版は次のページで