社殿でのお参りは?

さあ、身も清まったところで、お参りする場所へ向かいましょう。
到着したら、脱帽し服装を正します。

  1. 神前に進み姿勢を正して一礼し、お賽銭を入れます。 海の幸や山の幸の収穫に感謝して奉納していたものが お賽銭として形を変えたものであるということなので、 乱暴に入れないようにしましょう。
  2. 鈴がある場合は鳴らしてください。 ない場合はそのまま3へ進みます。
  3. 二拝二拍手一拝をするのですが、 まず、2回お辞儀をします。 次に、胸の前で手を合わせたら、右手を少し下にずらします。 そして、二回拍手「パン!パン!」としたら、 ずらしていた右手を胸の前で上に戻して拍手は終わりです。
  4. 最後に一回お辞儀をして終了です。

 

おわりに(まとめ)

いかがでしたか? これで参拝作法はばっちりですね。

神道の長い時間の中で出来上がってきた作法だと思いますが、 一番大事なのは参拝者の気持ちだと思います。

祈る内容は人それぞれですね。
僕は参拝した時には日ごろの感謝を伝えています。

目的に向かって最大限努力した後で、「幸運がありますように」と 伝えるのはご利益がある感じがしますが、何にも努力していない段階で 「あれも、これも」では神様も「もうちょっと頑張って!」と言う感じ になるかもしれません。

参拝をして自分を見つめ、また新たな気持ちで進みましょう。
神社へ参拝に行くとフッと体が軽くなったような気がして、 いいものですよね。

isejingu
出典:神社本庁

神社へ参拝に行ったとき、なにやらスーツなどで清掃した人たちが 社殿に入って行くのを見たことがありませんか?

あれは正式参拝と言って、拝殿に入り、祝詞を奏上してもらい、 玉串を奉り、御神酒を直会(なおらい)でいただくようです。

神社へ電話で確認してからの参拝になると思われます。さて、初詣のおみくじの結果はどうでしょう!?