初詣などで神社へ参拝することがあると思いますが、 参拝作法って、わからないことも多いですよね。

ここで覚えて、次の参拝からはばっちりできるように、
チェックしていきましょう!

スポンサーリンク

鳥居をくぐる時から始まっている!

足を1歩踏み入れたそこは、神聖な神様の家です。
「お参りさせていただきます。」の気持ちで一礼して入りましょう。
大きい神社になると、鳥居がいくつもありますよね。

torii
出典:神社本庁

僕は都度、立ち止まって一礼をして通っていますが、 最初だけ立ち止まって一礼し、あとは軽く頭を下げながら通過することでも OKのようです。

形も大事ですが、心の持ちようですね。
脱帽を忘れずに!

 

参道を歩くときには?

鳥居をくぐって、参道をお参りする場所まで進んでいくわけですが、 (神社により拝殿や本殿前でのお参りなど違いがあります。)

この参道、真ん中を歩いちゃ「ダメよ~、ダメダメッ」って知ってましたか?
真ん中は神様が通る場所であり、正中と呼ばれていています。

参道を歩く際は左右どちらかを歩くということになります。
日本人だと、車が左通行なので、自然と左側を歩く人が 多いのではないでしょうか。
参拝後の帰りも同じです。

 

手水舎では?

神社により場所が変わりますが鳥居をくぐると、 だいたいは間もなく手水舎が見つかるのではないでしょうか。

水が厳かにチョロチョロと出ていて、柄杓が置いてあるアレです。 ここでは、神様の前に行く前に水で自らを清めます。 「結構自分は穢(けが)れているからなぁ」と、
頭からかぶったりはしないでください。笑

temizusya
出典:神社本庁

手水の作法は次の通りです。
ポイントは、柄杓に汲んだ1回の水ですべてを完了することです。

水はチョロチョロ出てきているところではなく、水が張られている
水盤で汲みましょう。

手水の前にハンカチを出して用意しておくと良いですよ。

  1. 柄杓を右手に手に持ち、水を汲みます。
  2. その水で左手を洗います。
  3. 柄杓を左手に持ち替えて、右手を洗います。
  4. 柄杓を右手に持ち替えて、左手の手のひらに水を貯め、その水を少量でいいので口に入れてすすぎ清めます。柄杓は直接口に付けないようにしてください。
  5. 右手の柄杓でもう一度左手を洗います。
  6. 右手に柄杓を持ったまま、ゆっくりと柄杓を垂直に立てていき、 残った水で柄杓の柄を洗い、水を切って伏せて返します。

これで手水の終了です。

お参り作法は次のページで