お正月シーズンには餅を食べる機会が増えると思います。
つきたての餅はおいしいですね!

そんな餅の食べ方を僕が勝手に3つ選んでみました。 「好きなのは、この食べ方じゃないんだよ~」、 「それじゃあないんだな~、わかってないね~」 と言う声も 聞こえてきそうですが…。

早速いってみましょう!

スポンサーリンク

一つ目、きな粉餅

kinakomoti2
出典:cookpad

とにかくうまい。 あまり餅は食べなくても、 これはかなりいけちゃいますね。
結構砂糖も入れちゃって。なんであんなにおいしいでしょう。 罪だな~。笑

山梨銘菓、桔梗屋の『信玄餅』、これも最高においしいですよね。
黒蜜ときな粉が相まって。

地元の北海道には、柳月の『きなごろも』というきな粉もちがあるんですが、これもかなりおいしいです。

きな粉餅って、何かの拍子に気管にきな粉が入ってむせますよね。笑

二つ目、あんこ餅

ankomoti
出典:cookpad

これも間違いないですよね。
日本人のかなりの人が好きなんじゃないかと思います。 何の説明もいらないですね。王道です。

コンビニに行くと、まんまとレジ横の大福を 手に取っちゃってます。笑
白と草、二ついっちゃう時もありますし。

桜餅もいいですよね。甘味と塩気がマッチしたエンドレス餅ですね。

イチゴ大福はあまり得意ではないです。 もちろん人それぞれの好みですが、別に食べた方がうまいと思うんです。

しまなみ海道を自転車で旅したとき、 はっさく大福なるものを食べました。 まるまる入ってるんです。はっさくが。どーんと。 甘さ控えめでなかなかおいしかったです。

さらにもう一つ、北海道の七飯町大沼に打ってる団子なんですが、 これがまたうまいんです。いつも行くのは『沼の家』です。

串にささっていなくて、パックに小ぶりの団子が入っているんです。
種類は2パターンあって、『 あんこ+みたらし』、『 ゴマ+みたらし』です。

それぞれ大きいパックと、小さいパックがあるんですが、3色はないんです。

ヒートアップして、あんこ餅から団子まで語ってしまいました。汗

 

三つ目、力うどん

tikaraudon2
出典:FOODIESレシピ

寒い季節に、土鍋でコトコト。 しっかりとした出汁に、コシのあるうどん。
アッツアツだから、ハフハフ、ツルツルツル~! っと頬張り、餅はトロットロ。

うまい具合に出汁と絡まって最高ですよね。 ネギとほうれん草、そして卵もいいです。あなたは 一味派?七味派?

そして、土鍋つながりで行くと、巾着! おでんとかに入っているアレです。
うまいですよね。 巾着の揚げに出汁がしみてて。 餅がトゥルットゥルで。

番外編と、意外とヘルシーな餅のカロリー比較については次のページで