まちのパン屋さんとして、おいしいパンを作っているパン・アキモト。ここで常識を覆す奇跡のパンといわれる缶詰パンを開発したのが、代表取締役社長の秋元義彦さんです。

4月18日(月)に放送する『未来世紀ジパング』に出演しますので、秋元さんの経歴や缶詰パンのこと、救缶鳥プロジェクトや糖尿病の方やダイエット中の方でも食べられるパン、店の場所やなどについて調べてみました。
それではチェックしていきましょう!

目次(今回あなたにお伝えすること)

  1. 秋元義彦の経歴(プロフィール):P1
  2. パン・アキモトの店舗の場所や営業時間、連絡先は?:P1
  3. パンの缶詰めってどんなもの?開発したきっかけは?:P1
  4. 救缶鳥プロジェクトで世界の飢餓を救う!:P2
  5. カロリーを抑えたコントロールブランってどんなパン?:P2
  6. 番組概要:P2
  7. おわりに(まとめ):P2
スポンサーリンク

秋元義彦の経歴(プロフィール)

yoshihikoakimotopro
出典:パン・アキモト株式会社

秋元 義彦(あきもと よしひこ)
昭和28年5月9日生まれ
栃木県那須塩原市出身
法政大学経営学部卒業

秋元パンの長男として生まれた秋元さんは、1976年に大学を卒業した後、杉並区のパン屋・マルシャンで就業し始めます。

1978年5月には有限会社秋元ベーカリーに入社しました。1996年に代表取締役に就任すると同時に社名を株式会社パン・アキモトに社名を変更しています。

ふわふわでおいしく長持ちするパンの缶詰めを開発し、全国に知られるようになり、救缶鳥プロジェクトでは世界の飢餓救済を行っています。

 

パン・アキモトの店舗の場所や営業時間、連絡先は?

本社は栃木県の那須塩原市にあります。また、同市内にはもう2店舗店舗を構えています。沖縄県のうるま市に工場が1つ、関西営業所が大阪市に1つ、東京営業所が新宿に1つあります。そして、2015年8月にはベトナムのダナン市に店舗をオープンしています。

缶詰めで有名ですが、町のパン屋さんとしておいしい焼きたてパンを日々提供しています。

パン・アキモト 本社工場・営業部

panakimoto1
栃木県那須塩原市東小屋295-4
TEL 0287-65-3351
営業時間 9時~18時
定休日 日曜日(日曜が祝日の場合は休みの場合があります。)

 

パン・アキモト 石窯パン工房むらむぎ

panakimoto2
栃木県那須塩原市東小屋字砂場368
TEL 0287-74-2900
営業時間 7時~18時
定休日 火曜日(火曜日が祝日の場合も営業します。)

2015年にオープンした店舗です。

 

パン・アキモト スマイル店

panakimoto3

栃木県那須塩原市弥生町5-1
TEL 0287-62-0121
営業時間 7時~18時
定休日 水曜日(水曜日が祝日の場合は休みの場合があります。)

 

パンの缶詰めってどんなもの?開発したきっかけは?

1995年1月17日に起こった阪神・淡路大震災にさかのぼります。甚大な被害があった神戸市の被災所に、焼きたてのパン2,000個をキリスト教会を経由して届けたところ、災害時の混乱もあり、食べるころには賞味期限が切れてしまったものがあったそうです。

このことがきっかけで、同年、秋元さんは、「焼きたてのようにやわらかくておいしく、乾パンのように保存が効くパン」を目指して開発がスタートします。

開発はなかなか思うようにいかず、カビが生えてしまったりなど、おいしさ、やわらかさと保存性の両立は困難を極めたということです。

材料の配合や焼き方など、試行錯誤を繰り返した結果、缶の中でパンを焼きながら、缶の中も熱で殺菌するという方法を確立し、焼き上がり後になるべく早く蓋をすることでしっとり感を出すことにも成功します。

そして、熱殺菌による無菌状態と、蓋をする前に脱酸素材を入れていることで、無酸素状態が保つことができ、念願であった、やわらかくておいしく、しかも長期保存が効くパンの開発が1996年、ついに成功しました。特許製法により防腐剤も使っていないので、安心して食べられます。

しかし、浸透するには時間がかかったようです。防災展示会などでPRし、徐々に浸透、今ではなくてはならない防災・非常食として位置づけられ、多くの自治体や企業などで備蓄されています。

yoshihikoakimoto1

一番長い保存期間で、驚きの37カ月も保存がき効いて、香りも良くて、ふわふわやわらかく、子どもやお年寄りもおいしく食べられるということです。

いまでは種類が多く、例えば、アレルギーがある人も食べられるように、卵、小麦、大豆を使用していないパン(保存期間6カ月)や、沖縄工場で作られている紅芋や黒糖の缶詰めパン(保存期間13カ月)などもあります。

また、2009年のスペースシャトルエンデバーの打ち上げに搭乗した宇宙飛行士の若田光一さんがこのプロジェクト用に缶の切り口などを特許技術で工夫した、「SPACE BREAD」を食料として30缶を積んで宇宙に飛んでいます。

ちなみに味は、ミルク、チョコクリーム、粒粒いちご、はちみつレモンの4種類だったそうです。どれもおいしそうですね。

飢餓を救う救缶鳥プロジェクトやコントロールブランについては次のページで