5月31日(火)に放送する『ガイアの夜明け』に株式会社Knotの代表取締役社長、遠藤弘満さんが出演しますので、遠藤さんの経歴やKnotの腕時計が帰る場所や店舗、高品質なのに安い理由について調べてみました。

それではチェックしていきましょう!

目次(この記事であなたにお伝えしたいこと)

  1. 遠藤弘満の経歴(プロフィール):P1
  2. Knotの腕時計づくりや価格が安い理由は?:P1
  3. Knotの腕時計が買える場所(店舗)や営業時間は?:P2
  4. 番組概要:P2
  5. おわりに(まとめ):P2
スポンサーリンク

遠藤弘満の経歴(プロフィール)

hiromitsuendopro
出典:NIKKEI TRENDY NET

遠藤 弘満(えんどう ひろみつ)
年齢 41歳
出身 東京都
株式会社Knot 代表取締役社長

テレビや雑誌の通信販売用の商品の仕入れのために世界中を駆け回っていた遠藤さん。

その中で、築かれていった人脈を通じてアメリカの時計メーカー「LUMINOX(ルミノックス)」の世界進出の場に出会ったことで刺激を受けたようです。

その後、デンマークの腕時計「SKAGEN(スカーゲン)」を初めて日本に紹介し、8年間で50万本も売り上げる成果を出し、2011年に、日本人初となる「デンマーク輸出協会賞」と「ヘンリック王配殿下名誉勲章」を受賞しています。

しかし、国内では若年層の腕時計人気は下火傾向。そんな中で、日本製で高品質な気軽に買える腕時計を展開していこうと思い立ち、Knotを創業しました。

 

Knotの腕時計づくりや価格が安い理由は?

日本製は高品質。しかし、価格を安く抑えるにはと考えたとき、ほかの業界ではすでに行われている、中間マージンの見直しができていないところに注目します。

技術力の高い工場と直接契約することで中間マージン分をカットし、低価格で高品質な腕時計を消費者へ届けることに成功します。

これは、ファクトリエの山田敏夫さんと同じ発想ですね。

山田敏夫はなぜファクトリエを作ったのか?広告宣伝費ゼロで売れる訳とは?経歴や夢は?【カンブリア宮殿】

knot1
出典:Knot

Knotではベルトや本体時計部分などの組み合わせが5,000種類からセレクトできることも大きな魅力です。

また、その材質も、国内の京都の組みひもや栃木のレザーなど、こだわりのある物が用意されています。

自分のオリジナル時計を作れますね。

Knotの腕時計づくりは5つのポリシーがあります。

  • 高品質な素材を全製品に標準装備すること
  • 日本国内の時計工場で組み立て、検品・精度調整を行い、品質を保証すること
  • 流通の無駄を省き、最高品質の腕時計を最良な価格で提供すること
  • 生涯愛用できるトラディショナルなデザインであること
  • 誰でも簡単に付け替えが行えるベルトを必ず毎シーズン開発すること

日本で作られた確かな品質の時計を、安く買うことができれば、服装やシチュエーションに合わせて複数本所有して楽しむこともできますよね。

もちろん安くても、品物は確かなんですから、言うことなしです。

Knotの腕時計が買える場所(店舗)や営業時間は次のページで