15年間、短期免許で来日し騎乗。その卓越した技術で日本ダービーGⅠなどの重賞でも多くの勝ち星を挙げている、騎手のミルコ・デムーロさん。2015年に試験に合格し、JRA(日本中央競馬会)所属のジョッキーとなりました。

4月17日(日)に放送された『情熱大陸』に出演したデムーロさんのジョッキーとしての成績や獲得賞金、身長や出身国、経歴やプロフィール、家族などについて調べてみました。
それではチェックしていきましょう!

目次(今回あなたにお伝えすること)

  1. ミルコ・デムーロの経歴(プロフィール):P1
  2. デムーロの子ども時代は?妹と弟も騎手?:P1
  3. 成績や獲得賞金、年収は?:P1
  4. 感情表現が豊か!日本への愛情:P2
  5. 騎手としてのトレーニングやルーティーンは?:P2
  6. デムーロの家族は?京都に住んでいるの?:P2
  7. 番組概要:P2
  8. おわりに(まとめ):P2
スポンサーリンク

ミルコ・デムーロの経歴(プロフィール)

mirukodemuropro
出典:MBS

ミルコ・デムーロ(Mirco Demuro)
生年月日 昭和54年1月11日生まれ
年齢 37歳
血液型 A型
身長 156.5㎝
体重 52kg
出身 イタリア・ローマ市
所属 日本中央競馬会(JRA)栗東
フリー騎手(厩舎に所属していません。)

厩舎を営み、騎手として活躍した父、ジオバンニさんと、母、ラファエラさんの長男としてイタリア、ローマ市に生まれます。

mirukodemuro14
出典:MBS

サッカーの世界最高峰リーグとして名高いセリエAがある国イタリアの子どもらしく、小さいころはサッカー選手に憧れていたというデムーロさん。
しかし、騎手だったお父さんの影響を受けて、騎手の道へ進むことになります。

1994年にイタリアで騎手デビューを果たし、翌年に見習い騎手リーディングになると、1997年から2000年まで4年連続のリーディングジョッキーとなりイタリア競馬界で実力を示します。

mirukodemuro15
出典:MBS

1999年にJRAの短期免許を取得し初来日。日本に興味を持ったきっかけは、イタリアの一流競争馬であるトニービンやコジーンなどが、種牡馬として行っている国がどんな国か、自分の目で確かめたかったからだそうです。

前年の1998年にJRAに「乗せてほしい。」と手紙を送っていたそうですが、「若すぎるからダメ。」と言われていたとのことです。日本への思いが募っていたデムーロさんの来日の影には、パリで偶然出会った社台ファームの吉田代表と、森調教師のサポートがあったそうです。

来日当初は言葉の問題や、実績不足により騎乗機会に恵まれないなど、なかなか周囲に溶け込むのも難しく苦労したということです。しかし、「現在の活躍があるのは周りの人たちのおかげ。」とデムーロさんは謙虚に言います。

初来日以降は毎年短期免許を取得し騎乗します。着実に勝ち星を積み上げ、2001年には1日5勝をあげ外国人騎手としてJRA史上初。翌日には重賞初勝利となる小倉大賞典(GⅢ)で優勝しました。

2003年4月に皐月賞でGⅠを初制覇すると、6月には、なんと日本ダービー(GⅠ)のゴールを先頭で駆け抜け、外国人騎手初優勝を果たします。デムーロさんは、「イタリアのダービーを5回勝よりも、日本ダービーに1回勝つ方が嬉しい。」と涙ながらにコメントしています。

1999年の初来日から様々な思いがあったことだと思います。ダービージョッキーとなったデムーロさん、素晴らしい騎手です。

皐月賞、日本ダービーを制覇し、三冠に手をかける菊花賞を迎えることになりましたが、なんと、短期免許の具合で騎乗できないことに。

しかし、JRAはこれを受け「同一馬で1年間にGⅠを2勝以上すれば、その馬が同年にGⅠに参戦する際に騎乗を認める。」と規約を変更し、無事に騎乗しましたが、3着に敗れています。

重賞レースを含め、多くのレースに騎乗し、優秀な成績を残しており、JRAだけではなくNRAでも短期免許で騎乗しています。

2013年にはJRAでの通年騎乗を目指して騎乗免許試験を受けていますが、不合格となっています。その翌年には香港ジョッキークラブの騎手となり、重賞レースにも優勝しています。

2015年、再びJRA騎手免許試験に臨み見事合格。クリストフ・ルメールさんも同じく合格しています。

勝ち星を積み重ねてきたデムーロさんの技術と鋭い競馬観、日本競馬への知見の深さを絶賛する馬主や調教師、厩舎関係者から厚い信頼がおかれています。

2016年2月には重賞5連勝を飾りJRA通算500勝を達成しています。

 

デムーロの子ども時代は?妹と弟も騎手?

子ども時代は女の子に夢中で、とても多感な少年だったそうです。
最愛の息子が遠い日本にいることを寂しく思っている一方、夢を叶え、騎手として活躍する姿を誇りに思っているということでした。

mirukodemuro16
出典:MBS

どこの国の親も子供を思う気持ちに変わりはありませんね。
素敵な両親です。

妹のパメラさんと弟のクリスチャンさんがいるのですが、2人とも騎手で、妹は既に引退し、調教師をしているとのことです。

14歳年下のクリスチャンさんは現役ジョッキーで、2009年にイタリアでデビューし、2010には153勝を挙げ、最多勝利は逃したものの、堂々2位。2011年は222勝、2012年には263勝を挙げ、2年連続でイタリアのリーディングジョッキー輝いています。イタリアのみならず、日本やアメリカ、フランスなど、世界を転戦する実力のある騎手です。

日本での初騎乗は、2011年に地方競馬全国協会(NRA)の短期免許(1月7日からの3カ月間)を取得して船橋で騎乗。この日に初勝利も挙げています。

この期間にJRAのレースにも遠征しており、クイーンズカップ(GⅢ)に騎乗しています。その後も毎年、短期免許を取得して来日し騎乗しています。

2012年には京都牝馬ステークス(GⅢ)で重賞初勝利、2013年には桜花賞(GⅠ)で優勝。お兄さんのミルコさんが2着に入るという、JRA史上初の兄弟ワンツーフィニッシュを決めています。

お兄さんと同じくアイ・ラブ・ジャパンということです。

家族みんなが騎手なんてすごいですね。しかも実力があります。従兄弟にも騎手がいるそうです。

mirukodemuro2
出典:競馬ラボ

兄弟そろっての1枚。お兄さんより5センチ身長が大きいです。

クリスチャン・デムーロ(Cristian Demuro)
生年月日平成4年7月8日生まれ
年齢 23歳
身長 163cm
体重 43kg
出身 イタリア・ローマ市

成績や獲得賞金、年収や感情豊かなデムーロさんのパフォーマンスは次のページで