2月16日から放映が開始された新しい氷結CMですが、綾小路翔さんの素顔や松坂桃李さんの瓦割り、真木よう子さんのひげダンスで話題になっています。そしてカッコイイCM曲を提供したのが東京スカパラダイスオーケストラです。

なんと、今回の氷結CMでは、音楽を担当したスカパラと、「ギョギョギョ~!」で広く知られるタレント、そして東京海洋大学名誉博士でもある、さかなクンがCM曲である『Paradise Has No Border』の演奏で共演し、とってもカッコイイCMの仕上がりとなっています。

さかなクンの経歴、プロフィールについても調べてみました。それではチェックしていきましょう!

目次(今回あなたにお伝えしたいこと)

  • さかなクンの経歴(プロフィール):P1
  • さかなクンのハコフグ帽子がクロハコフグに!:P1
  • さかなクンがGYOとして東京スカパラダイスオーケストラメンバーに:P2
  • さかなクンのWEB限定スペシャルムービー:P2
  • さかなクンが憧れていたスカパラとの共演:P2
  • CM概要:P2
  • おわりに(まとめ):P2
スポンサーリンク

さかなクンの経歴(プロフィール)

sakanakunpro

出典:オフィシャルサイト

さかなクン(さかなくん)
本名 宮澤 正之(みやざわ まさゆき)
愛称 ミー坊、マーちゃん
生年月日 昭和50年?月?日
出身 東京都(神奈川県綾瀬市育ち)
日本動物植物専門学院卒業
趣味 絵を描くこと
特技 楽器演奏
所属事務所 アナン・インターナショナル
家族構成 父、母、兄

  • 東京海洋大学名誉博士・客員准教授(研究分野は魚類学)
  • 日本魚類学会会員
  • 農林水産省 お魚大使・フードアクションニッポンメンバー
  • 環境省 国連生物多様性の10年委員会 地球いきもの応援団生物多様性リーダー・環のくらし応援団メンバー
  • 文部科学省 日本ユネスコ国内委員会広報大使
  • 独立行政法人国際協力機構(JICA) なんとかしなきゃ!プロジェクトメンバー
  • 全国漁業協同組合連合会(JF) 魚食普及委員
  • 公益財団法人世界自然保護基金ジャパン(WWF)親善大使・顧問
  • 森林管理協議会(FSC) 親善大使
  • 日本さかな検定ととけん応援団
  • 館山市 ふるさと大使(第1号)
  • 明石市 明石たこ大使
  • 新潟市 新潟おさかな大使
  • 鳥取県 山陰海岸学習館ギョギョバイザー
  • 御前崎市 なぶら親善大使
  • 沖縄県 宮古島海の親善大使

5歳くらいから絵を描いており、当時はトラックが大好きで、トラックばかりを描いていました。

小学校時代にクラスメイトが自分のノートに落書きしたタコの絵を見て衝撃を覚えたさかなクンは、お母さんにおねだりしてタコを買ってもらい、それを丹念に観察して絵を描く日々を過ごしていました。

宮本家では1カ月に渡ってタコ料理が食卓にのぼるくらい、多くのタコを買っていたそうです。これほど何かに熱中できるさかなクンも凄いですが、好きなことをのびのびとやらせてあげられるお母さんも素晴らしいですね。

好きなことを自由にやらせてあげることが一番大切で、個性を伸ばしてあげたいと言うお母さんは、中学から始めた大好きだったダンスをあきらめなければならない辛い過去を持っていて、自分の子どもには自分と同じ思いはさせたくないという思いがあったそうです。

1993年、TVチャンピオンの第3回全国魚通選手権に出場したことが転機となります。初出場では準優勝となりましたが、お母さんの協力もあり、翌年から驚異の5連覇を成し遂げます。『さかなクン』という名前は同番組MCの中村有志さんが命名しました。

高校卒業後には、その魚への愛情から、鮮魚店熱帯魚店水族館寿司屋などでアルバイトを経験します。また、幼いころからの絵の才能を活かし、魚のイラストを描くイラストレーターとして活躍します。実際にさかなクンの描いた絵を見たことがありますが、魚たちの表情が生き生きとしていて、ハートウォーミングな素敵な絵です。

2000年、『どうぶつ奇想天外』に魚の専門家として出演し、ブレイクします。
ロケでは今のように元気が無かったため、次のロケまでにいつも元気でいる方法を考えてきてと言われ、始めたのがハコフグ帽子であり、このときからかぶり続け、トレードマークとなっています。夏用はメッシュ仕様となっているそうです。

2006年、東京海洋大学客員准教授として招かれ、就任。2015年には同大学の名誉博士の称号を授与されています。

2010年には、京都大学教授の中坊徹次さんからクニマスのイラストを描いてほしいと依頼があり、細部までしっかりと描きたいという思いがあり、似ているヒメマスを山梨県西湖の漁師にお願いして取り寄せました。

するとそこに絶滅したと思われていたクニマスが混ざっていたということです。この再発見に、天皇陛下が記者会見において、さかなクンの名前をあげて、その功績をたたえています。

2012年、文部科学省ユネスコ広報大使に任命されました。

現在の住まいは、魚影が濃い館山市に2000年に移住しています。自宅には、たくさんの魚を飼育しているフィッシュハウスという名前を付けた別棟があります。

休みの日には、全国各地の港町に持つネットワークを頼りに、現地の漁師と一緒に船に乗って漁をして、獲れた魚を研究しているということです。

鈴木拓(ドランクドラゴン)とは中学、高校の同級生で、高校時代には同じクラスでした。

中学校では友達に吹奏楽部を見に行こうと言われ、魚好きのさかなクンは、『水槽学』と勘違いして喜んで行ったというエピソードは有名です。そんなことで、中学時代はトロンボーンを担当し、高校時代はバスクラリネットを担当していたそうです。

魚にかかわることだけではなく、CMやアニメの声優など、多方面で広く活躍しています。

 

さかなクンのハコフグ帽子がクロハコフグに!

sakanakun1
出典:キリンビール / KIRIN BEER

いつものハコフグ帽子をかぶり、白衣を着ているさかなクン。スッキリとあたらしくなった氷結を飲むと、ギョギョギョー!っと変身してしまうのであります!

sakanakun2
出典:キリンビール / KIRIN BEER

なんと!東京スカパラダイスオーケストラのメンバーとして、バスサックスを手にし、ブラックスーツを身にまとい、そして、ブラックハコフグ帽子をかぶって、CM曲をカッコよく演奏しています!スカパラのメンバーとして溶け込んでいますね。本当にカッコイイです!

CMとWEB限定動画、さかんクンのバスサックスの情報は次のページで