最近はあまり見かけませんが、
「胃に膜を張っておかないとね~」
と、飲酒前に牛乳を飲んでいる人、いますよね。

これ、実は効果が無いんです!
なんでも、牛乳の粒子がアルコールよりも大きくて、
すり抜けて吸収されちゃうらしいです。

胃液があるわけですから、そもそも牛乳で膜が張るのかが疑問です。
お酒は気分よく楽しみたいですよね。
ということで、お酒に弱い僕が、二日酔い対策について調べてみました。
それではチェックしていきましょう!

スポンサーリンク

アルコールって体内でどうなってるの?

kanpai

出典:コネクションズ

 

対策を立てるには、まず仕組みを知っておきましょう。

アルコールが体内に入ってくると、胃で20%、小腸では残りの多くが吸収されます。
そして血中に入り込み、血液に乗って全身を巡った後にたどり着くのが肝臓です。

肝臓では、集まってきたアルコールの90%が、アルコール脱水素酵素により
アセトアルデヒドに分解されます。
このうち、分解しきれなかったアルコールは心臓に送られ、またしても全身を巡り、
肝臓に帰ってきて分解されます。

肝臓では、アセトアルデヒドを分解するアルデヒド脱水素酵素2型が働いて、
顔が赤くなったり、動機や吐き気、頭痛の原因となる、アセトアルデヒドを分解します。
分解されると無害な酢酸になり、体内を巡ります。そのうち水と炭酸ガスとなって
自然と体外へ排出される仕組みです。

肝臓で分解されない残り10%のアルコールは、呼気や汗、尿として排出されます。

 

二日酔いの原因って何?

長らくアセトアルデヒドが原因と言われてきたようですが、二日酔いの人の血液から検出
されることは少ないそうです。
アルコール摂取による複合的な原因により引き起こされるものとされているようです。

まずは脱水症状です。アルコールによる利尿作用の他、アルコール分解の際に作られる尿酸や、その際に蓄積される尿酸によっても脱水症状が進むそうです。
次に炎症反応で、既存の体内の炎症反応を増強させてしまうということです。
次にアセトアルデヒド。これがすべての原因ではないにしても、毒性の強い物質であり
原因の一部とされるようです。
最後は胃腸障害で、アルコールによる刺激により、胃酸過多とな炎症を起こすようです。

二日酔いの予防対策や、なってしまった場合の対処法は次のページで