365日グミを食べているほどグミを愛してやまないのが、日本グミ協会の会長である武者慶佑さんです。

4月12日(火)に放送する『マツコの知らない世界』に出演し、新商品のグミやおいしいお取り寄せグミを紹介するということで、武者さんの経歴や大学、グミ協会やおすすめグミ、噛むと小顔になるグミなどについて調べてみました。
それではチェックしていきましょう!

目次(今回あなたにお伝えすること)

  1. 武者慶佑の経歴(プロフィール):P1
  2. 日本グミ協会とは?:P1
  3. 改めて、グミってどんな食べ物?成分は?レシピも!:P1
  4. 絶品のおすすめグミや採点基準!:P2
  5. 噛んで小顔に?消化は悪くないの?:P2
  6. 番組概要:P2
  7. おわりに(まとめ):P2
スポンサーリンク

武者慶佑の経歴(プロフィール)

keisukemusyapro

出典:Twitter

武者 慶佑(むしゃ けいすけ)
生年月日 昭和57年4月5日
出身 宮城県仙台市
青山学院大学経営学部卒業

大学卒業後はコンサルティング会社へ入社します。その後、広告制作会社、ソーシャルメディアコンサルティング会社と転職し、2012年から、現在の本職である株式会社シェアコトでサブカルプランナーとして活動しているということです。

内容は、一般企業のプロモーションとアニメを掛け合わせた企画を専門で作っているということです。

AKB48やヱヴァンゲリヲンのコラボレーション企画への参加をきっかけに、アニメコンテンツマーケティング事業を起ち上げ、2012年から、サブカルチャーを利用したプロモーションについてのセミナー(NED)を主催。

2013年からは『グローバルBizジャーナル』でアニメ・マンガの活用についての連載をしているということです。

 

日本グミ協会とは?

keisukemusya10
出典:instagram

日本グミ協会は100円で売ってるコンビニグミのボトムアップを目的に設立・運営しております。
引用元:instagram

ということです。
武者さんはグミがとにかく好きなんですね。
1年中毎日食べているくらいですから。

改めて、グミってどんな食べ物?成分は?レシピも!

今回の番組予告では、マツコさんが「グミはちょっと…」となったいましたが、僕もグミは好んで食べません。武者さんには申し訳ないのですが…。

改めてグミって何だろうと考えて誕生や成分などを調べてみました。

誕生はドイツということでした。
グミという名称も、ゴムという意味のGummi(グミ)からきています。

確かに顎が疲れるほどのグミがありますよね。

生まれた経緯ですが、1920年頃に子どもの噛む力を鍛えるためだとされているようです。スルメのようにかなり噛まないと飲み込めないものだったらしく、美味しいお菓子というよりは、健康のためのお菓子的な存在ですね。

顎が疲れるグミは正統派グミだったってことですね!笑
日本では1980年代にお菓子として広まっていきました。

成分については、ゼラチン、砂糖、水分(果汁など)です。
ただ、水分量は1.5%から2%とかなり少ないです。

ちなみに、ゼラチンは動物や魚の皮や骨などから抽出したコラーゲンから作られています。動物性のものです。
寒天は天草やオゴノリなどの海藻が原料です。

果汁グミはの果汁の含有料が記載されていますが、濃縮されてる果汁を水で還元した時の比率であるため、実際は少なく、香料や酸味料などを添加して補っているようです。

レシピですが、ゼラチンに砂糖とジュースなどをまぜて固めるだけなので、とても簡単です。

グミの材料とレシピ(約12個分)
粉ゼラチン  10g(ゼラチンニューシルバー)  
砂糖             大さじ1~2(お好み)
ジュース   80cc

  1. ジュースを電子レンジで加熱します。(600Wで2分程度)
  2. 熱したジュースに砂糖と粉ゼラチンを入れて混ぜます。
  3. 型に入れて冷蔵庫で冷やし固まったら出来上がりです。(方にサラダ油を薄く塗ると、出来上がりの時にはがれやすいようです。)

おいしい!絶品おすすめグミや噛むと小顔になる?グミについては次のページで