チリクラブの名店『ジャンボ』の場所や評判は?

toshiyukiinoko2
出典:グルヤク

ジャンボ(JUMBO)は、シンガポールに6店を展開しているチリクラブの名店です。

今回はどの店舗に行くのか調べましたが、わかりませんでしたので、リバーサイドでロケーションの良く人気がある、『ジャンボシーフード リバーサイドポイント店』を紹介します。

toshiyukiinoko1
出典:グルヤク

甘辛ソースで味付けされたチリクラブはこの店の看板料理です。ソースがちょっと甘めという声が見られたものの、口コミ評価は高いです。

しかし、物価の高いシンガポール。お値段が結構するということがマイナスという声がありました。

僕は辛い食べ物が苦手だったんですが、シンガポールで食べたチリクラブがとてもおいしくて食べられるようになりました。スパイシーで大量の汗をかきなが食べた記憶があります。笑

もちろん、チリクラブだけではなく、エビや貝などのシーフードメニューも充実しており、味もいいということです。また、デザートではマンゴーが有名で、日本語メニューもあるそうです。

予約は日本語が通じるため取りやすいということです。ネットでも可能です。今回紹介したリバーサイドポイント店は人気店のため、予約時期は2週間前以上がよいということです。

ジャンボシーフード リバーサイドポイント店(Jumbo Seafood Riverside Point)
住所 30 Merchant Road # 01-01/02 Riverside Point Singapore 058282
TEL 6532-3435
営業時間 12時~15時、18時~0時
Clarke Quay駅( MRT)から徒歩5分
定休日はわかりませんでした。ドレスコードはないそうです。

スポンサードリンク

番組概要

タイトル アナザースカイ
放送日時 2016年5月6日(金) 23時~23時30分
放送局  日本テレビ

おわりに(まとめ)

デジタルアートってすごいですね。楽しくてワクワクしてきます。この感情が猪子さんの言うヤバイっていう感じかもしれません。

常設展示ですので、シンガポールへ行く場合は必見ですね!

チームラボ(team Lab)の代表を務める猪子寿之さんは、「作品を作り出すことは一人ではできない。専門性がある人が集まってみんなで創造していく。共創を大切にしている。」といいます。

デジタルアート集団であるチームラボが創り出す作品は、大人も子どもわけ隔てのないものであり、「Flutter of Butterflies Beyond Borders  境界のない群蝶」のように、枠にたらわれることなく、自由に羽ばたき、人類の価値観を変える新たな未来を見せてくれるのではないでしょうか。

シンガポールでの常設展示に多くの人が足を運んでいる中、次は、同じくシンガポールの国立博物館のリニューアルにおいて、一画の展示を任されることになったそうですから、こちらも楽しみですね!

猪子寿之さんの情報はTwitterでチェックできます!

それでは今回も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

関連記事
こちらの記事も併せてごらんください。
山本昌の成績や経歴、トレーニング方法は?アイク生原との出会いやスクリューボールの握りは?【アナザースカイ】