世界的スターであるレディ・ガガにヒールがない美しいデザインの、いわゆる『ヒールレスヒール』と呼ばれる靴を提供したことで大きな注目を集めた舘鼻則孝さん

2月6日(土)に放送する『SWITCH 達人達』に出演しますので、舘鼻さんとレディ・ガガの接点や作品へのこだわり、経歴などについて調べてみました。

それではチェックしていきましょう!

目次

  1. 舘鼻則孝の経歴(プロフィール):P1
  2. 舘鼻則孝の服や靴づくりは独学?:P1
  3. 舘鼻則孝とレディー・ガガの接点は1通のメールから:P2
  4. 舘鼻則孝の作品の魅力が世界に広がるまで:P2
  5. 舘鼻則孝の枠にとらわれないクリエイティブな生き方:P2
  6. 番組概要:P2
  7. おわりに(まとめ):P2
スポンサーリンク

舘鼻則孝の経歴(プロフィール)

noritakatatehanapro
出典:オフィシャルサイト

舘鼻 則孝(たてはな のりたか)
生年月日 昭和60年6月14日
出身 東京都(鎌倉市で育っています。)
学歴 日本藝術大学美術学部工学科卒業
ブランド NORITAKA TATEHANA

実家は東京の歌舞伎町で銭湯を経営しているということです。

母親がシュタイナー教育を受けていた影響もあり、幼いころからものづくりを覚えていったと言います。

シュタイナー教育と言えば、斎藤工さんや村上虹郎さんもそうですね。

斎藤工が好きな女性のタイプを発表!友達、後輩から見た理想の結婚相手は?【誰だって波瀾爆笑】

2010年、自身のファッションブランド『NORITAKA TATEHANA』を「設立します。

 

舘鼻則孝の服や靴づくりは独学?

着る人を表す服を自分で作ってみたいというような思いで、15歳から服や靴をデザインして作っていたということです。

このころからすでに世界に目が向いていたそうで、世界で活躍する日本人デザイナーを研究し、日本人であることの強みを生かしていることに着目し、それらを深く学ぼうと藝術大学を選んだということです。

2006年、東京藝術大学へ進学し、絵画や彫刻、染織を学び、花魁を研究していたということです。友禅染の技法を用いた着物や下駄の制作をしています。

ヒールレスヒールをレディー・ガガへ提供するきっかけとなったエピソードは次のページで