節分に、縁起のいい方角である『恵方』に向かって太巻きを黙って食べるという、
何だか知らない人が傍から見ると、ちょっと異様な光景の恵方巻ですが、
調べてみるとなかなか面白い風習でした。
それではチェックしていきましょう!

スポンサーリンク

恵方巻の起源って?

ehomaki

出典:Spotlight

 

諸説あって、正確な起源はわからないんだそうです。
江戸時代末期に、大阪の船場で商売繁盛の祈願として食べられていた、…とか。
大正時代初期に、大阪の花街でお新香の海苔巻きを食べられていた、…とか。
このほかにもいくつかあるようです。

1989年に広島のセブンイレブンで販売したことがきっかけで全国に広まったとされているようです。実はこの発売時に恵方巻と名付けたということらしく、その前は丸かぶり寿司と呼ばれていたようです。

元来、節分とは季節の分かれ目であり、立春、立夏、立秋、立冬の前日を指します。
そのなかでも立春は年の始まりに相当する大切な日であるため、その前日の節分は重要視されていたということで、節分といえば立春の前日ということになったんだそうです。

なんで1本まるごと無言で食べるの?

まずは……喉が詰まっちゃいますよね。笑
無言で食べてると、「自分はなんでこんなことしてるんだろ」って思って
笑っちゃいますよね。
食べてる人を見てても、面白いですよね~。
……
切らないで1本まるごと食べるのは、「縁を切らない」ということだそうです。
良いご縁を大切にして、ずっと繋がっていられるようにということなんでしょうね

無言で食べるのは、八坂神社(祇園さん)で一晩のうちに七度参る『無言参り』という風習からきているようです。
お参り中に誰かと話してはダメで、話してしまったら最初からやり直さなければならないということです。

ちなみに、7種の具材は『七福神』を表しているということで、これを太巻きとして巻き込むことで、『福を巻き込む』という願いも込められているということです。

いずれもげんを担いでいるんですね。

今年の方角は?

今年の恵方は、南微東ということです。
耳慣れない方角ですが、南南東からちょいと東の方角のようです。
この恵方という方角は、陰陽道で干支によって定められ、その年の幸福を司る神である歳徳神がいるとされる、最も良い方角のことだということです。

まとめ

節分に豆まきをする家庭ってあると思いますが、数は減ってきているんでしょうかね。
僕は道産子なんですが、恵方巻を食べる習慣は聞いたことがなかったです。
馬上豊寿司のイチロー巻きサイズの恵方巻だと、制覇するのにかなりの時間が必要ですね。
チャレンジしてみるのもいいかもしれません。笑