勤務するNTT東日本関東病院と実家の大圃クリニックの場所は?

内視鏡治療は、原則として週に2日ということで、取材日には大圃さんだけで1日9人の治療を行っていました。

NTT東日本関東病院
kenohata6
住所 東京都品川区東五反田5-9-22
TEL 03-3448-6111(代表)

JR五反田駅かの東口からはチャリティーバスが運行しています。

kenohata7 kenohata8
出典:上記2枚の画像はNTT東日本関東病院

実家の大圃クリニックでは、月に1回訪れて検査の手伝いを行っているということでした。取材日には大圃さんを子供時代から知る顔なじみが来院して「研ちゃん」なんて呼ばれていました。

大圃クリニック
住所  茨城県筑西市丙153−4
TEL 0296-21-0123

大圃研が内視鏡治療法の技術を伝える人材育成

大圃さんは、人材育成を自らの大きなテーマのひとつとしているということです。

kenohata13

大圃さんのもとには、その高いレベルの技術を学ぼうと、全国の様々な病院から医師が集います。この若手の医師たちは、自らの意志で来ているそうです。

kenohata14

大圃さんの技術を継承した弟子は40人を超え、全国へ送り出しているということです。そんな弟子たちが年に1度開いているのが大圃を囲む会。

kenohata15

大圃さんは、「自分一人で治療できる数は限られている。技術を学んだ多くの人が治療をすることで救える患者さんが増える。」と言います。

また、ライバルが増えるのではという問いに対しては、「治ればいいので、誰がやってもいいんです。」とのこと。

集まる医師たちが、大圃さんの生き方、利他の心に共感する気持ちがわかります。若くしながら人生の高いステージに到達されてる方だなと思います。

仕事を終えた大圃研さん。研修医の内視鏡治療の腕を確認するために、自ら患者役となります。この内容が一定のレベルに達していないと実際に患者を治療することはできないということです。

kenohata17

内視鏡治療のエキスパートが、自らの体で施術者の技術を確認することは、これ以上ない実力の把握方法だと思いますし、大圃さんが合格点を付けた医師から実際に治療を受ける患者は、一定水準の治療が受けられることが担保されているということにつながりますね。

大圃さんの負担は大きいと思いますが、素晴らしい育成システムです。もちろん大圃さんが育てている人材が増えれば、高い技術を持った医師が、その役割を担っていくのでしょうが、大圃さんから直接学べるということの価値は、非常に大きいと考えます。

kenohata2
出典:情熱大陸の画像はすべてMBS

また、月に1回は中国に招かれ、技術指導をしているということでした。海外出張は年に60回にもなります。自分の高い技術力を後進に包み隠さず伝え、ひとりでも多くの患者を救いたいという思いから続けていることです。

スポンサードリンク

番組概要

タイトル 情熱大陸
放送日時 2016年5月15日(日) 23時~23時30分
放送局  TBS

おわりに(まとめ)

無給で働き、不安定な生活を送りながら、凝り性であるというその性格で、情熱をもって日々腕を磨いた人生の時間があったからこそ、現在、多くの命が救われ、また、技術を学び全国で活躍している医師らによって、さらに多くの命が救われています。

ぶれない思いと献身的な姿勢に立脚した人材育成は、まさに「人財」をつくるものだと、改めて思わされるものでした。

大圃さんの技術や思いを継承したドクターが育ち、多くの患者を救ってくれることを願っています。

それでは今回も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

【2016.9.10追記】大圃研のカンタン健康法と愛用の五本指シューズは次のページで