校舎の壁をよじ登るCMが大きな話題となったクライマーの大場美和さん。 人気と実力を兼ね備えた日本を代表するクライミング選手の一人です。

3月28日(月)に放送する『S☆1』で未来アスリート推し☆1として出演するということで、大場さんの経歴や話題のCM、進学する大学はどこなのか、また、大学進学後のアルバイト先とトレーニング場所を兼ねるクライミングジムなどについて調べてみました。

それではチェックしていきましょう!

目次(今回あなたにお伝えすること)

  1. 大場美和の経歴(プロフィール):P1
  2. 岡崎市の実家を離れ、大学進学で横浜市へ:P1
  3. 小山田大のクライミングジムでアルバイトとトレーニング:P2
  4. 大場美和が制服姿で校舎の壁を登る話題のCM:P2
  5. 番組概要:P2
  6. おわりに(まとめ):P2
スポンサーリンク

大場美和の経歴(プロフィール)

miwaobapro2
出典:ブログ

大場 美和(おおば みわ)
生年月日 平成10年3月7日
血液型 O型
身長 164㎝
出身 愛知県岡崎市
学歴 聖カタリナ学園光が丘女子高校卒業
所属 スポーツビズ

小学1年生から始めた体操で、腰椎分離すべり症となり体操を断念した大場さんに、お父さんが紹介したのがクライミングで、2007年に名古屋市内のクライミングジムで初めて体験し、その魅力にハマったということです。

登り切ったときの達成感と、無限に作り出すことができる課題(ルート)が大きな魅力だといいます。その後はどんどんのめり込み、クライミングジムや自然の岩場でトレーニングを重ね、ついには自宅にクライミングウォールを設置、クライミングに明け暮れる日々を過ごします。

公式戦への初出場は2010年で、順位は3位という好結果でした。相当緊張したということです。このときはリード競技という種目での出場でした。

miwaobapro
出典:ブログ

  • 2011年、日本ユース選手権優勝
  • 2011年、アジアユース選手権優勝
  • 2011年、JOCジュニアオリンピックカップ優勝
  • 2012年、ボルダリングジャパンカップ7位入賞
  • 2012年、IFSCアジアユース選手権優勝
  • 2013年、IFSC世界ユース選手権3位
  • 2013年、IFSCアジアユース選手権3位
  • 2015年、全日本ユースボルダリング選手権2位
  • 2015年、IFSCクライミング・ワールドカップに参戦、ボルダリングで37位
  • 2015年、わかやま国体 山岳競技 少年女子 リード優勝、ボルダリング3位

 

岡崎市の実家を離れ、大学進学で横浜市へ

聖カタリナ学園光が丘女子高校に実家から通っていた大場さんが進学する大学は、横浜市にキャンパスを持つフェリス女学院大学で、文学部日本語日本文学科に進むということです。

体重管理が大切なクライマーですが、これまではお母さんが和食中心のご飯で管理をしてきたそうですが、これからは一人暮らしとなり、自分で管理しなければならないので大変になりますね。

ただ、実家にいるころから、お母さんを手伝ってご飯を作っていたということですから、自炊は問題ないということでしょう。

大場さんは甘党で、中でもチョコレートが大好きだということですから、ついつい甘い誘惑に乗らないように注意が必要です。

たまに食べる分にはカカオ含有率が高いチョコレートなんかがいいかもしれません。
僕は含有率70%くらいが一番おいしいなと思います。

大学進学後のアルバイトとトレーニング先のクライミングジム、そして校舎の壁を登る話題のCMは次のページで