野中生萌のクライミングの強さの秘密は?

mihononaka1

世界のトップクライマーである野口生萌さんの強さは、柔軟性と筋力、ジャンプ力にあります。広背筋から肩回り、腕の筋肉が大きく発達しています。


これだけのフィジカルを誇る野中さんですが、一切、筋力トレーニングを行っていません

この発達した肉体は、クライミングだけで作り上げています。このあたりは体質が大きいでしょう。握力はなんと50kg近くあり、同年代の男性平均を上回ります。

mihononaka2
出典:instagram

世界の強豪クライマーでさえ、難しい局面をグイグイと打開していく野中さんのパワフルなトレースは、類まれなフィジカルが大きく貢献していることは明らかですが、それだけでは攻略は難しいところです。コースの展開をイメージできる緻密な状況判断力も備わっているからこそ可能になるものです。

そして、これら二つの大きな武器の戦闘力を底上げする、ベースとなるものが高い柔軟性です。小学校低学年まで習っていたクラシックバレエ器械体操によって培われたものです。

この高い柔軟性を備えていることにより、フィジカル、状況判断力がより高まっていると言えます。関節可動域の広さがパワーを高めていること、難しい態勢をトレースイメージの中に組み込んでいけるため、展開の選択肢を広げることができるためです。

強いフィジカル+高い状況判断力+高い柔軟性=野中生萌の強さ

メンタルコントロールとして、クライミングに臨むときには洋楽を聴いていて、よく聞くのがレイチェル・プラッテンさんが歌う「ファイト・ソング」だということです。気持ちが高まるということです。


出典:RachelPlattenVEVO 

 

【送料無料】 Rachel Platten / Wildfire 【CD】

価格:2,138円
(2017/8/20 19:42時点)

野中生萌さんは19歳になったばかり。これからより多くの経験を積むことにより、ますます強くなると思うと、ワクワクしますね。


出典:Red Bull

番組概要

タイトル 追跡 LIVE! SPORTS ウォッチャー
放送日時 2016年5月21日(土)
放送局  テレビ東京

 

おわりに(まとめ)

中学生からクライマーとしての実力を発揮してきた野中生萌さん。常にトップレベルで戦い続けてきて、ボルダリングに無限の楽しみを感じている野中さんの成長は、これからもとどまるところがなさそうです。

東京オリンピックでのスポーツクライミングが種目候補となっていますので、この夏に正式決定されれば、金メダル候補の筆頭です。

今後の活躍からも目が離せません。楽しみですね。

野中生萌さんの情報はFacebookTwitterinstagramでチェックできます!

次のページを読む >> 野中生萌が愛用するクライミングシューズや驚異の握力など番組放送内容の追記