5月18日(水)に放送された『マツコ&有吉の怒り新党』の「新・3大○○調査会」では、「入るよりも飲みたくなる温泉」として3つが紹介されましたので、場所や営業時間を調べてみました。

それではチェックしていきましょう!

目次(この記事であなたにお伝えしたいこと)

  1. 入るよりも飲みたくなる温泉の有識者は?:P1
  2. 大分県 七里田温泉 下湯 :P1
  3. 北海道 川湯温泉 欣喜湯 :P1
  4. 鹿児島県 二月田温泉 殿様湯 :P2
  5. 番組概要:P2
  6. おわりに(まとめ):P2
スポンサーリンク

入るよりも飲みたくなる温泉の有識者は?

shinsandai

今回は、温泉旅行博士の藤田聡さんが、ぜひ飲んでほしい温泉を3つ選出し紹介してくれます。

satoshifujita
出典:All About

藤田 聡(ふじた さとし)
生年月日 昭和39年

1998年にテレビチャンピオンの第5回温泉通選手権に出場し、第3位となっています。

All Aboutなどでは温泉ガイドとして活動しています。

shinsandai1

日本全国にはおよそ1,000か所もの飲泉場があるということです。結構な数があるんですね。

大分県 七里田温泉 下湯(しちりだおんせん したんゆ)

ここは、本館である七里田温泉館(木乃葉の湯)から鍵を借りて入浴します。歩いて約2分ほどのところにあります。

shinsandai22

shinsandai23

浴槽は480年前(室町時代)から使われている、かなりの年代物です。

shinsandai3

1日に2リットル飲む人もいるということですが、それはさすがに飲みすぎなんじゃないんですかね。笑

shinsandai4

ラムネの湯という温泉は、炭酸泉で、ラムネのようにシュワシュワとしており、鉄っぽさと酸味があり、いわば鉄スカッシュ(笑)でおいしいということです。

この炭酸は、近くにある九重山のマグマから源泉に溶け出した二酸化炭素です。

現在は換気扇を完備していて安全性が確保されているものの、以前は高濃度のガスが噴出している状態での入浴であったため、「日本一危険な温泉」とされていたようです。

shinsandai21

住所 大分県竹田市久住町有氏4050-1
TEL 0974-77-2686
営業時間 9時~21時
料金 大人300円 子供200円
泉質 炭酸泉

 

北海道 川湯温泉 欣喜湯(かわゆおんせん きんきゆ)

shinsandai6

川湯温泉では、宿ごとに源泉を所有しているので、それぞれで違う温泉を楽しめるということです。宿を日替わりで泊まりながら温泉を楽しめそうですね。

shinsandai5

shinsandai7

飲泉ができる温泉は、この温泉の下の階にあります。

shinsandai11

上の画像が先ほどの階下の温泉で、ここで飲泉ができます。

shinsandai10

強酸性の温泉で、その味はまるでホットレモンのようにおいしいということです。

shinsandai8

本当のレモンよりも酸性が強く、ペーハーは1.8です。これは、近くに酸性の強い硫黄山があるため、日本有数の酸性泉となっています。

shinsandai9

その酸性度合いは、くぎを入れておくと、およそ2週間で溶けてなくなってしまうほど強いということです。

これはすごいですね。これだけ酸性が強いと酸蝕歯が心配ですが、常に飲んでいるわけでなければ大丈夫なんでしょうね。

shinsandai20

住所 北海道川上郡弟子屈町川湯温泉1-5-10
営業時間 12時~20時
料金 大人700円 子供500円
泉質 酸性泉

3つ目の温泉は次のページで