八幡暁がガイドを務める『手漕屋素潜店ちゅらねしあ』とは?

沖縄県の石垣島、西表島、小浜島において、シーカヤックやシュノーケリング、キャンプなどを少人数を対象に、ガイドがついてツアーを行っています。

代表を八幡さんが務めている手漕屋素潜店ちゅらねしあは、これまでの「身の丈+10㎝」の経験を活かし、「島旅を通して、人を自然に還す」をテーマに、参加者の冒険心をサポートし、海、川、山と、八重山諸島全体を活動フィールドとして、島と自然を安全に楽しめるということです。


出典:mellow0117 

写真や動画、ツアー内容を見ていると、ワクワクしてしてきますね。何もやったことが無い初心者からベテランまで、十分に楽しめる内容が用意してあるということです。

ツアーは、石垣島、西表島、小浜島でそれぞれオリジナルのツアー内容になっていて、シーカヤックやシュノーケリング、キャンプなどができます。

それぞれの島の人気No.1ツアーは、

石垣島:『冬限定半日ツアー』で、シーカヤックに乗り、マングローブの川を進み、そのまま海に出るという川と海を楽しめるツアーです。

ishigaki
出典:手漕屋素潜店ちゅらねしあ

西表島:『西表島 川のデイツアー』で、冬季は自然観察やトレッキングを行い、夏季は、カヌーでマングローブを進み、生き物観察と渓流遊びを楽しめるツアーです。

iriomote
出典:手漕屋素潜店ちゅらねしあ

小浜島:『小浜島マングローブカヤック』で、シーカヤックでの移動距離を短めにした、のんびりマングローブを楽しめるツアーです。

kohama
出典:手漕屋素潜店ちゅらねしあ

大自然の中でカヤックに乗って、素潜りして、キャンプしておいしいご飯を食べて…。

いいですね。とっても楽しそうです。僕はマングローブの森に行ってみたいなと思います。木の根っこが凄いですね。

店のオフィシャルサイトでは、ツアーの様子も掲載されていますが、参加者の楽しそうな表情に、見ているだけでワクワクします。ちゅらねしあのガイドが綴っているブログもあり、写真がとても美しいです。

手漕屋素潜店ちゅらねしあ

  • 沖縄県石垣市字登野城39-4(石垣店)
  • TEL 090-2641-7601(全店舗共通)
  • 受付時間 午前9時~午後6時

 

八幡暁は結婚しているの?

2007年に雪絵さんと結婚しており、長男、長女がいます。結婚する前、雪絵さんの周囲では収入のない八幡さんとの結婚に反対する人もいたようです。

しかし、雪絵さんは八幡さんと結婚。信念を持って何かに打ち込んでいる人でなければきっと嫌だったし、冒険をやめていたら一緒になっていなかっただろうと話しています。

いくら周りの人に反対されようとも、自らの信念によって、自分の生きる人生を選び取っていった雪絵さん。思いを貫けたのは、八幡さんが行っている冒険での逞しさ見ていて、「この人となら生きていける」という実感があったからこそということです。

 

番組概要

タイトル クレイジージャーニー
放送日時 2016年3月17日(木) 23時53分~24時38分
放送局  TBS

これまでのクレイジージャーニーがDVDで発売されています!

Vol.1(2枚組)

>クレイジージャーニー [ 設楽統 ]

価格:2,435円
(2017/2/19 14:09時点)

 

Vol.2(2枚組)

>クレイジージャーニー vol.2 [ 松本人志 ]

価格:2,435円
(2017/2/19 14:10時点)

Vol.3(2枚組)

>クレイジージャーニー vol.3 [ 松本人志 ]

価格:2,435円
(2017/2/19 14:11時点)

Vol.4(2枚組)

>クレイジージャーニー vol.4 [ 松本人志 ]

価格:2,286円
(2017/2/19 14:12時点)

おわりに(まとめ)

船でも険しいとされる海域を手漕ぎの船であるシーカヤックで航海してしまうというのが凄いですね。

これからは自分の培った経験を伝えていくことをメインの活動にするということで、2014年に石垣島から神奈川県の逗子市へ移住し、軸足の置きどころを変更しています。

もちろん冒険も辞めるわけではないようですし、手漕屋素潜店ちゅらねしあにも行っているということです。

生きる力が溢れていてたくましいですね。

八幡暁さんの情報は、TwitterFacebookでチェックできます!

それでは今回も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

「おもしろかったよ」、「役に立ったよ」という方はTwitterでのツイートやfacebookのいいね!など「ポチッ」とよろしくお願いします。

【追記】八幡さんは2017年の前半に石垣に戻っています。逗子での暮らしの中で地域の子や親たち仲間と自然を楽しむ団体「そっか」を起ち上げ活動する中で、八幡さんがいなくても団体の活動ができるようになったことが、逗子を離れるきっかけになったようです。

しかし、戻るにはやはり八幡さんの人生には大海原と冒険が必要で、より自然豊かな場所に身を置きたいという八幡さんの気持ちがあったのかもしれませんね。今後は逗子と石垣の人々の交流も考えているようです。

関連記事
こちらの記事も併せてご覧ください。
小暮剛(出張料理人)がクレイジージャーニーに!予算や内容、料理教室は?

永瀬忠志(リアカーマン・冒険家)がクレイジージャーニーに出演!経歴やプロフィール、現在は?

藤沢秀行は天才囲碁棋士!七大タイトルや成績、経歴は?愛人や依存症とは?孫娘は女流棋士!【クレイジージャーニー】

塩沼亮潤(慈眼寺住職)は過酷な修行である千日回峰行を満行した大阿闍梨!【クレイジージャーニー】

伊藤大輔(写真家)がファヴェーラ(スラム街)に住む理由は?妻はゲストハウスを経営?【クレイジージャーニー】