シーカヤックで日本からオーストラリアまで行くという、グレートシーマンプロジェクトや、フィリピンでの黒潮源流調査、四国のお遍路を海から行うという海遠路など、様々な海を冒険をしている冒険家の八幡暁さん

3月17日(木)に放送する『クレイジージャーニー』に出演しますので、八幡さんのこれまでの冒険や、シーカヤック、素潜りガイドをしている『ちゅらねしあ』などについて調べてみました。

それではチェックしていきましょう!

目次(今回あなたにお伝えすること)

  1. 八幡暁の経歴(プロフィール):P1
  2. 八幡暁はなぜ危険な冒険をするの?:P1
  3. 八幡暁がガイドを務める『手漕屋素潜店ちゅらねしあ』とは?:P2
  4. 八幡暁は結婚しているの?:P2
  5. 番組概要:P2
  6. おわりに(まとめ):P2
スポンサーリンク

八幡暁の経歴(プロフィール)

satoruyahatapro
出典:Facebook

八幡 暁(やはた さとる)
生年月日 昭和49年9月17日
出身 東京都福生市
学歴 専修大学卒業
家族構成 妻、子2人(男、女)

3人兄弟の末っ子として生まれ、学生時代はアメリカンフットボールをやっていましたが、体育会系の雰囲気が肌に合わなかったということです。そんな時に八丈島で、銛1本で魚を獲り、それを売って生活している人との出会いに感動し、世界の海の民に出会いたいという思いが今の活動につながったそうです。

その後は、水深30m以内に生息する魚をすべて獲ってやるという意気込みで、様々な海で素潜りをして、魚を獲りまくっていたということです。

シーカヤックに出会う前はヒッチハイクで移動し、銛で魚を獲り、それを売って旅をしていたそうです。八幡さんは、「潜れる海があれば死なない」ということです。
かなりワイルドですね。

2002年 オーストラリア ヨーク半島~ニューギニア島
2名で横断500km予定の半分で断念

2003年 インドネシア パプア州(ニューギニア島南西岸)700km横断
ニューギニア人のパートナーと成功 世界初

2004年 神奈川県~沖縄 2250km
シーカヤック単独無伴走 初漕破

2005年 八重山諸島西表島~沖縄本島那覇縦断
シーカヤック:単独無伴走 初漕破500km

2006年 台湾~与那国島 黒潮横断
シーカヤック:単独無伴走 初漕破140km

与那国~西表島 77km
シーカヤック 9名で横断成功(伴走船付き)

2007年 フィリピン~台湾 海峡横断
シーカヤック単独無伴走 初漕破

宮古島~石垣島 120km
シーカヤック 6名で横断成功

2008年 フィリピン マニラ~ブスアンガ島
シーカヤック無伴走 3名で横断成功

八丈島~鎌倉 縦断
シーカヤック単独無伴走横断 初漕破

2009年 インドネシア ジャカルタ~バリ島1000km
夫婦2人のペアで横断 予定距離の半分で断念

インドネシアバリ島~モヨ島 約300キロ
藤井氏と共に横断成功

2010年 ニュージーランド ベイオブアイランドにて
ツナミレンジャースと藤井氏とコラボレーション

第1回 フィリピン 黒潮源流部調査行
ビコール州 カタンドアネス島 4名で縦断
(3回に分け、3年間でルソン島北部までの予定)

2011年 フィリピン パラワン諸島 単独無伴走400km 成功
第2回 フィリピン 黒潮源流部調査行(5月)
カラグア諸島、ポリリョ諸島周辺

第1回 四国一周「海遍路」第1パート 高知編(10月)

2012年 インドネシア 東ヌサトゥンガラ州 1月~2月 単独無伴走 成功

第3回 フィリピン 黒潮源流部調査行最終パート 延期

第2回 四国一周「海遍路」第2パート 徳島香川編(10月)

2013年 第3回 フィリピン 黒潮源流部調査行最終パート(5月)ルソン島東沿岸域

第3回 四国一周「海遍路」最終パート 愛媛編(10月)

2014年 海遍路 東北編(宮城県/5月)

2015年 インドネシア 未漕エリアへ遠征(2月~3月)

海遍路 九州編(有明/5月)

2016年 海遍路 相模湾編(神奈川県)予定

海遍路 九州編(有明/5月)

2016年 海遍路 相模湾編(神奈川県)予定

これまで、300を超える島や漁村を訪れているという八幡さん。まだまだ冒険は終わらないということです。

なぜ危険な冒険をするの?

よく聞かれる質問だそうですが、その答えは「ただ好きだから。」ということです。
シンプルで潔くて素敵です。

「生きているだけで楽しいと思える人と、成功しなきゃ楽しくないという人がいたら、生きているだけで楽しいと思える方が得だよね」と言って笑います。

考えたことは誰でもチャレンジが可能であって、どうなっているのかわからないということが好奇心を掻き立て、何かにチャレンジする意欲の源泉となっているということです。

「あんなことをやりたい」、「こんなことをしたい」と思っていても、なかなか踏み出さない人が多い中で、実際に行動に移すことが凄いことです。

一歩を踏み出さないと何も変わりませんものね。

八幡さんが代表を務め、ガイドとしても活動している『ちゅらねしあ』や、結婚については次のページで