生存率1%と生きる証

生後間もなく生存率1%と言われる難病を患い、奇跡的に生還したという神木さん。
詳しい病名はわかりませんが、感染症により重篤だったようですが、現在は後遺症などもなく、完治しているということです。

お母さんは、神木さんの生きている証を残そうと、子役という道を選択しました。
神木さんは、命が救われたことに感謝しており、人に感動や喜び、勇気を与えたいと俳優の仕事をしているようです。
自らの人生での役目、使命としているんですね。
幼くして生死をさまよい、命の大切さを身をもって知っている神木さんだからこそ、この若さで、人に与えることに懸命になれるのではないでしょうか。

 

愛されキャラと感謝の心

「実るほど頭を垂れる稲穂かな」
この言葉は、お母さんの教えであり、神木さんが大切にしている言葉だそうです。
ryunosukekamikipro2

出典:Twitter

常に感謝の気持ちを忘れず、謙虚な姿勢の神木さん。
テレビに出演した時などに見せる、深々としたお辞儀に心の持ちようが現れているのではないでしょうか。
この気持ちが人柄や演技にも表れ、共演者や制作に係る人々、多くのファンに愛される要因だと思います。

 

彼女はいるの?

堀越学園時代の同級生である、志田未来さんとの交際情報がありました。
写真週刊誌に掲載されたということです。
双方の事務所は否定しているようですが、世間の反応は真逆で、むしろ歓迎の声があるほどだと言います。

こいった報道がされると、あまりいい方向には向かいませんが、応援する声が多くあるということは、神木さんと志田さんの人柄がいいということを世間が理解しているということではないでしょうか。
事実であるとすれば、いい恋愛をしてほしいですね。

スポンサードリンク

 

番組概要

タイトル A−Studio
放送日時 2016年1月29日(金) 23時~23時30分
放送局  TBS

 

まとめ

番組ではモテなかった学生時代や、バスケットボールでは散々「ヘイ!パス!」とアピールしていたにもかかわらず、パスが回ってこなかったりなどの面白エピソードが披露されるということです。
知られざる一面が見られるのではないでしょうか。

一概には言えませんが、子役から成長し、俳優へのステップを上手に踏んでいける人はあまりいないように思います。成長に伴い、カワイイという世間のイメージから離れてしまうということもあるでしょうし、幼いころから『仕事』をしていて、自らが抱くいろんな葛藤があると思います。

神木さんは中学の後半に思い悩んだことがあるようですが、「ありのままの自分でいいんだよ」と、周りがサポートしてくれて、気持ちを立て直すことができ、現在に至っているということです。
22歳にして芸歴20年。
凄いですね。
これからも、ますます魅力的な俳優になることと思います。
注目です!

神木さんの情報は、Twitterでチェックできます!

PS
映画『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』は公開延期となっています。