誰もが知るカワイイ子役から、数々の作品への出演を重ねて、現在は振り幅が大きい役でも魅力的に演じる、高い演技力に定評があるカッコイイ俳優へとステップを踏んでいるのが、神木隆之介さんです。

1月29日(金)に放送する『A−Studio』に出演しますので、神木さんの経歴などについて調べてみました。
それではチェックしていきましょう!

スポンサーリンク

プロフィール

ryunosukekamikipro

出典:Twitter

 

神木 隆之介(かみき りゅうのすけ)
平成5年5月19日生まれ
血液型 B型
身長 167㎝
体重 47kg
埼玉県富士見市出身
堀越高等学校TRAITコース卒業
趣味 写真撮影
所属事務所 アミューズ
家族構成 父、母、姉

1999年にオーディションにより業界入りし、CMでデビューしました。

1999年、『グッドニュースで』ドラマデビューをしました。

2001年、映画『千と千尋の神隠し』に声優で出演しています。

2004年、『お父さんのバックドロップ』で映画に初主演をしました。

2010、2012、2013年、ドラマ『SPEC』の3作品に出演しています。

2010年、映画『借りぐらしのアリエッティ』に声優で出演しています。

2012、2013年、映画『劇場版SPECシリーズ』に出演しました。

2012年、映画『桐島、部活やめるってよ』で主演をしています。

2013年、ドラマ『家族ゲーム』に出演しています。

2014年、映画『るろうに剣心 京都大火編/伝説の最後編』に出演しています。

2015年、映画『バクマン。』で主演をしています。

その他、多くの映画やドラマ、また、アニメの声優や吹き替えなど、幅広く活躍しています。

 

主演映画『太陽』

神木さんと門脇麦さんが主演を務める映画、『太陽』が2016年4月に公開予定です。
この映画は、前田知大さんが主宰する劇団イキウメが、2011年に公演した舞台『太陽』を観劇した映画監督、入江悠さんがその魅力に惹かれて映画化した作品だということです。
物語は、ウイルスによって生き残った人々が、昼にしか生きられない旧人類と、夜にしか生きられない新人類の二つに分かれ、SF要素も交えながら、物質と精神の裕福と貧困を描く物語です。
自分の人生において、本当に大切なことって何なのかということを考えさせてくれるきっかけになるかもしれません。

出典:宣伝部角川映画

撮影は山で夜から明け方まで行われたりするなど、とても寒かったということです。

幼少時に生死をさまよった大病や、彼女の情報は次のページで