映画やドラマ、舞台、CMなどに活躍し、今、自身が三線を弾き語りするCMソングが人気の桐谷健太さん。
2月4日(木)に放送する『とんねるずのみなさんのおかげでした』に出演しますので、桐谷さんの経歴などについて調べてみました。
それではチェックしていきましょう!

スポンサーリンク

桐谷健太の経歴(プロフィール)

kentakiritanipro

出典:ホットロード

 

桐谷 健太(きりたに けんた)
昭和55年2月4日生まれ
血液型 O型
身長 181㎝
大阪府大阪市北区出身
駒澤大学卒業
趣味 旅、妄想、三線、ドラムの演奏
特技 どこでも眠れること
所属事務所 ホットロード

大学入学を樹に上京し、在学中からアクターズクリニックで俳優について学んでいます。

2002年、ドラマ『九龍で会いましょう』で連続ドラマに初出演、俳優デビューしています。

2003年、『ゲロッパ!』で映画に初出演をします。

2005年、映画『パッチギ!』に出演ししました。

2005年、ドラマ『タイガー&ドラゴン』に出演しました。

2007年、『GROW愚郎』で映画初主演をしました。

2007年、映画『クローズZERO』に出演ししました。

2008年、映画『僕の彼女はサイボーグ』に出演ししました。

2008年、ドラマ『ROOKIES』に出演し、このドラマで大きな人気を獲得し、その後の躍進に追い風となったようです。

2009年、映画『ROOKIES-卒業-』に出演ししました。

2009年、ドラマ『JIN-仁-』に出演ししました。

2010年、映画『BECK』に出演ししました。

2012年、映画『アウトレイジビヨンド』に出演しました。

2015年、映画『バクマン。』に出演しました。

2015年、ドラマ『天皇の料理番』に出演しました。

その他、多くの映画やドラマ、CMに出演しています。
舞台は2009年の『恋と革命』で主演した1本であるようです。映像の仕事がメインなんですね。

 

ファンにやさしい男前

桐谷さんはファンに接するときの対応が非常に丁寧であるとされています。
こういった業界に身を置く人はイメージが大切ですし、人気商売ですから当然ファンを大切にしますが、桐谷さん急いでいるようなときでも笑顔でしっかりと握手し、ちゃんとサインもしてくれるんだそうです。
ファンではない人もすぐにファンになってしまうほどの対応ぶりで、いわゆる『塩対応』の真逆である『砂糖対応』とされています。
媒体に露出している人は、売れれば売れるほど『自分は知らないけど、相手は自分を知っている』状況が通常となる、不思議な感じになると思います。
それにも慣れてきて、やはり商売とはいえ人間ですから、急いでいるときや、話しかけられたくない時もあるのが普通だと思います。
僕は桐谷さんに出会ったことがありませんのでわかりませんが、こういったことを踏まえて考えるとなかなかできない素晴らしい人柄だと思います。
映画『グーニーズ』を観た桐谷少年が、出演していた子役に対して「悔しい」自分もあんな風になりたいと思い、ビッグになると俳優を目指し上京し、なかなかうまくいかずに下積んだ時代の信念と仕事が入るようになった有り難さを今もしっかりと持ち続けていることも、こういった対応の要因ではないでしょうか。
過去の作品で一緒に仕事をした監督や共演者からもその人柄は評価されており、人懐っこくカッコつけないということです。
裏表のない素直な人柄から付き合いやすいんでしょうね。

auのCMソング、『海の声』フルバージョンと結婚の情報は次のページで