大好評だったドラマ、『ダメな私に恋してください』で、深田恭子さん演じる柴田ミチコ役のドS上司である黒沢歩(主任)役を好演し、連続テレビ小説『あさが来た』での五代様ロスと同様に、主任ロスで世の多くの女性たちの心に風穴を開けているのが、ディーン・フジオカさんです。

大人気のフジオカさん、3月19日(土)から放映される、マルトモのかつお節のCMに出演します。フジオカさんは日本のCMには初出演となります。
それではチェックしていきましょう!

スポンサーリンク

ディーン・フジオカの経歴(プロフィール)

deanfujiokapro
出典:マルトモ株式会社

ディーン・フジオカ
本名 藤岡 竜雄(ふじおか たつお)
昭和55年8月19日生まれ
血液型 A型
身長 180㎝
体重 ?kg
福島県須賀川市出身(千葉県鎌ケ谷市で育つ)
趣味 中国武術、キックボクシング、チェス、写真撮影、瞑想
特技 ギター、ドラム、作詞、作曲、スキー、バスケットボール
所属事務所 アミューズ
妻、子2人
4人兄妹

 

日本生まれの日本育ちです。父は中国生まれの日本人、母も日本人ということです。
ミックスではないんですね。

国際的な感覚は、IT関連の仕事をしていたお父さんの影響が強いようです。

「日本人ですが中国生まれで、日本に住みながら海外へは度々仕事で出張していました。ボクがちっちゃいころは、湯船で10カウントするのは中国語でしたし、父が英語を教えてくれることも。外国人のお客さんをアテンドすることも多くて、家に招くこともありました。それに海外出張に行くと、お土産にマイケル・ジャクソンやディズニーのビデオを買ってきてくれてましたね」

引用元:女性自身

 

妹の藤岡麻美さんは元チェキッ娘のメンバーで、2013年からは 活動拠点を台湾に
移しているようです。

ディーン・フジオカ名義での活動は、広く世界での活躍を視野に入れているからということのようです。

17歳の時に第10回ジュノン・スーパーボーイ・コンテストに出場し、ファイナリストになっています。

福島県の高校を卒業後はITを学ぶために渡米し、シアトルの大学に入学します。
卒業後、IT関係の仕事で企業を考えていたということですが、9.11同時多発テロによりビザの延長がかなわなかったということです。
時間ができた中、大学の教授から言われた「21世紀はアジアの時代だ」という言葉により、
アジアを見てみようと韓国、中国、香港、ベトナム、タイを3カ月かけてバックパックの旅をします。香港を旅しているときにクラブでのオープンマイクイベントに学生時代からやっていたラップで参加。それを見ていたファッション誌の編集者にスカウトされてモデルとして活躍します。香港での生活は当初の1週間から1年となったといいます。

モデルからCMへと活動の幅が広がり、その後、香港のアーティストのミュージックビデオに出演したことがきっかけで、2005年に香港映画『八月の物語』の主役に抜擢されて俳優としてデビューします。

2006年に『八月の物語』の活躍により、台湾からテレビドラマのオファーがあり、
出演し大人気となります。拠点を台湾に移します。

2012年には映画『I am Ichihashi 〜逮捕されるまで〜』にて初監督と主演を務め、
2013年に日本で公開されています。

2015年、ドラマ『探偵の探偵』で日本の連続ドラマに初出演します。

2015年、連続テレビ小説『あさが来た』に出演し、爽やかに五代友厚役を好演、五代様ロスが続出するほど、大きな注目を集めました。

2016年、ドラマ『ダメな私に恋してください』に出演し、深田恭子さん演じる柴田ミチコ役のドS上司、ツンデレの黒沢歩役を好演、ドラマ終了後から主任ロスを訴える女性が続出しています。

日本でのCM初出演となったマルトモのプレミアムかつお節CMとメイキングムービーは次のページで